注目キーワード
サイトリニューアル

LPIC-1(101-500,102-500) 合格体験

IT

LPIC-1って何?


LinuxOSを学ぶ上でのアソシエーション資格になります。

Linux Professional Institute (LPI)

Linux Professional Institute LPIC-1 は、世界最大かつ最も認知度の高い Linux 認…

 

LinuxOS?

windowsOSやmacOSの種類の一つで昔からあるOSで無料で
カスタマイズ性の高いOSになっています。

Linux技術者認定 LinuC | LPI-Japan - Linux技術者認定 LinuC | LPI-Japan

Linuxのコラムを掲載しています。LinuC[リナック]は、クラウド・DX時代に活躍するエンジニアに求められるLinu…

 

何故LPICの資格が必要なのか?

インフラ側もそうですが開発現場でもOSがlinuxOSが多く存在しており、LinuxOSは特定の分野に依存せずネットワーク、サーバ等のことも学べる応用性の高い物です。
自分はインフラエンジニアなので必要性としてはwebサーバーといったミドルウェアを建てる上で必要とサーバー分野では多く使われる機会が多いので必要になります。

試験予約サイト

ピアソンVUE

各プログラムのページにアクセスして、登録、試験予約、変更、キャンセルをおこなったり、試験に必要な情報を入手できます。テス…

ピアソンの検索サイトで
LPICとうつとLPIC用のアカウントにたどりつくのでそこで
アカウント作成してください。そしたら、受験することができるようになります。

 

受験時期

2021年8月
2022年1月

試験代

101-500 1万5千
102-500 1万5千
合計で3万

受験回数

2回ずつ

結果

101-500 500/540 pass
102-500 500/600 pass

試験感想

正直一度に受験できないのがめんどくさいですね。しかも、別分野を二回受けるわけですから期間も開けなきゃいけない。
102に関しては自分の得意分野のネットワークが多くでたので
結構応用が聞いてそんなに苦に感じませんでした。101に関してコマンド系が多くて正直CCNAで熟語を覚えてた見にとしてはjobs
cronとかも最初?ってなりました笑。
試験自体はそこまで変な日本語もなくて戻るボタンや見直し画面があるので結構気持ち楽に受けてました。

勉強教材

UDEMY

20時間で【Linux】マスター!!基礎、シェルスクリプト、Docker基礎、ネットワーク 、セキュリティを体系的に解説

https://www.udemy.com/course/linuxlpic/

もう怖くないLinuxコマンド。手を動かしながらLinuxコマンドラインを5日間で身に付けよう

https://www.udemy.com/course/unscared_linux/

【5日でできる】はじめての Linux 入門(LPIC Level1対応)

https://www.udemy.com/course/5dayslinux/

LPIC101&102-LPIC level1模擬試験問題集(6回360問)

https://www.udemy.com/course/lpic101102-lpic-level16360/

ping-t(有料版)

 

K-test

KtestはCisco、Microsoft、IBM、HP、CompTIA、SUN、Oracleなど、各種類のIT認定試験…

 

クラムメディア

 

 

赤本

LPICスピードマスター

仮想環境

VMware Workstation Player(無料版)

VMware

Download VMware Workstation Player for free today to run a s…

 

vitual box

 

ubuntu

 

centOS 7/stream

RHEL

Red Hat Customer Portal

※RHELに関してはアカウント登録した上ででのインストールが必要になります

実際の勉強法

1.UDEMYの解説動画でひたすら聞いて何がどういうものなのかを
理解する。
2.聞いたものをもとにイメージしにくいものはlinuxOSをインストールした仮想環境ででコマンド動作確認と再現を行う。
3.仕上げにping-t,クラムメディアで問題集をひたすら解く。特にk-testの教材はカンニング近いほど答えが書かれてるので最後に持っていくと良いかもしれない。

受験する際に行うこと

正直短期決戦で一ヶ月後に試験するのおすすめしません。
また、営業等のプレッシャーで試験するのもおすすめしません。
余裕持って一個に2ヶ月ぐらいがいいですね。
急な仕事等で忙しくなっても前日に試験日変更できるので集中して勉強ができます。
あとは落ちても合格するまで受験してください。大学試験や高校試験みたいに落ちたらチャンスないことはないので合格するまで受験はできます。しかし、お金が飛びますが笑まぁ、それ以上に稼げますし、大丈夫です。

合格後

スコアレポート自体は受験後すぐにもらえます。また、スコアレポートはピアソンで発行できないので何か申請する際に必要になるのでとっておいてください。
合格証明書はLPICのサイトから発行できます。
また、LPICの紙証明書とカードは自動で登録されたアカウントの住所に送られます。

LPI

Linux Professional Institute (LPI)

Linux Professional Institute (LPI) is the global certificati…

マイページからスコアと証明書が見れます。

保有期間

基本的に失効という状態はないですが、
ACTIVEからINACTIVEという過去に受験しましたという表示になるそうです。
片方に合格しても5年以内に合格すれば取得できますし保有としては便利な資格です。

まとめ

正直LPIC-1合格したからといってすごいとは思われないのが残念ですが、サーバー案件の参入障壁を低くしたり、会社によっては報奨金をもらえて小銭稼ぎができます。昨今はサーバーといえばwindowsになっていることが多いので、一概にすぐに役に立たないかもしれないですが、PCの概念だったりプログラミングにも応用出来るので勉強すること自体に損はありません。

最新情報をチェックしよう!
 data-src=作成中" width="1280" height="960" >

作成中

サロンやメルマガ等はまだ作成してませんが、作成した 際に掲載しますね。 ゆうとより

CTR IMG